平成幕末史

平成の坂本龍馬 徒然ブログ

とりあえず映画のススメ


☆クロード・ルルジュ『愛と哀しみのボレロ
(人生の全てとはこういうものかと。『男と女』を撮った監督が映すジョルジュ・ドンの稀代のダンスは見どころ。本気でバレエを始めようかと思った。)

アンドリュー・ニコルガタカ
(近未来の遺伝子操作による管理社会の決定論的な人生への抵抗。《生》の可能性への勇気が湧く。)

マイケル・マンコラテラル』『マイアミバイス』
(とにかくロスアンゼルスの夜の撮り方がたまらない。ロスにいったことはないが。ハードボイルド。)

☆ジャック・オディアール『リードマイリップス』
(仏語原題はSur Mes Levres、訳せば「唇の上で」。ブスと荒くれ者という取り合わせ。触れ合あえないのに、性的。たまらん。フランス映画万歳。)

ステファン・エリオット『氷の接吻』
ユアン・マクレガーアシュレー・ジャドのスター競演。精神分析的にめちゃくちゃ興味深い。喪われた父‐娘関係のトラウマの転移と反復強迫が基本的な筋。そこが見えないと楽しめない。原作はMORTELLE RANDONNEE『死への逃避行』で、その仏語版の映画もある。こちらがもともとのもので、イザベル・アジャーニが主演し、話題になった。ただし『氷の接吻』の方が圧倒的に完成度は高く、芸術点も深い。氷の接吻という邦題はダサイが。ハリウッド版の原題はEye of the Beholder。)

中島哲也嫌われ松子の一生
(松子は神です。私たち貧しく哀れな者の神です。愛したいのに愛せない《生》への至高の賛歌。全員で歌われる挿入歌の「曲げて伸ばして」bend and stretchは、いつまでも心に残る。中谷美紀瑛太も良い演技。)

青山真治ユリイカ
(天才)

新藤兼人『生きたい』
三國連太郎の奇才ぶりは必見。痴呆になって、ウンコ漏らして、うつ病の娘に背負ってもらって、そうやって俺たちは生きるんだ。自殺した作家の江藤淳脳梗塞で自分でしょんべんもできなくなって、「侍として死にたい」とかのたまって、風呂に顔を浸けて死にました。侍なんてやめましょうねえ。)

ヴィム・ヴェンダース『ベルリン天使の詩』『ランドオブプレンティ』
(映画界で今一番思考している人じゃないかな。『ベルリン』は柄谷行人がなんかの文庫本の後書きで、この映画の他人の苦悩を聞くそのやり方は人間的には可能ではないとコメントしていたという記憶があるが、それは批判にはならんでしょう。『ランドオブ~』は911以後のアメリカ社会の強迫観念をシリアスに、徹底的にシリアスに、それが故にコミカルに描く。他に『パリ・テキサス』もいい。)